リアラインコア




 リアライン・コアは、広島国際大学の蒲田和芳が提唱する治療法・トレーニング法です。

 

腰痛治療のリハビリテーションを元に生まれた、ボディメンテナンスのためのツール

リアライン・コアを装着して、簡単な運動を行うだけでカラダのコア部分、つまり

 『骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨』

が本来の正しい位置に戻り、カラダに負担のかからない動きを身に着けることができます。

 

その場しのぎのメンテナンスとは違い、人間のカラダの土台である骨格そのものを正しい位置に矯正していくので、

痛みや不具合の根本的な改善、スポーツ愛好家にとってはパフォーマンスの向上にもつながり、ケガの予防にもなります。 

 【使い方はとっても簡単!】

① まずは、骨盤にリアライン・コアを装着して、前屈・ひねり・スクワットなどの

簡単な動作をしていただきます。もうこれだけでも、骨盤が矯正されてリアライン・コアのベルトが緩みます。ってことは・・・?

② そこからまた簡単に体を動かした後、肋骨部分にもリアライン・コアを装着し、 深呼吸・肩周りの簡単な運動を行います。

 

【すぐに効果が実感できる】

リアライン・コアの素晴らしいところは何と言ってもすぐに効果が出るところす。

器具をはずしたそばから、「柔軟性が良くなった」「ベルトの穴が縮まった」「体の軸が  安定した」「全身が軽くなった」などなど嬉しい効果が実感できます。

 

【プロ野球選手】杉内俊哉投手

【プロボクサー】井岡一翔選手

【プロゴルファー】片山晋呉選手

などの、有名アスリート達も使用しており競技種目を選ばずに幅広く愛用されております。

                   

 


施術の目安について

身体が本来の位置に戻り、体に負担の少ない動きを

定着させるためには、週1~2回のペースで3~6カ月の期間

が必要になります。

 

 

施術について

問診

今、現在の体のお悩みをお聞きします。

体の歪チェック

実際に動いてもらい体の状態の確認を行い

問題のありそうな場所をチエックします。

施術

実際に体に触れる施術を行い問題のある場所

の改善をしていきます。その後、リアライン・コアを装着

し運動をしていきます。

効果の確認

効果の確認を行い、その日の施術は終わりになります。